花遊庭へ

テント泊の次の日は、ちょっと回り道。

距離的に途中下車を決めていた愛知県。
愛知は園芸、ガーデニングのメッカということもあり、オープンガーデンに寄ってみようと気になっていた豊田市の「花遊庭」を訪ずれました。

JR岡崎駅から愛知環状鉄道に乗り換え、三河豊田駅から歩いて向かいます。

昨日がテント泊で充電できず、途中名古屋で充電に時間をさいたため、到着が午後になってしまいました。
とは言え、まだまだ十分にゆっくり回れる時間に到着。

庭園全体はそんなに広くはなく、10分もあれば全体を歩けるくらいの大きさなのですが、和洋さまざまな30種類近くもあるタイプ別のガーデンがコンパクトにまとめられていて、見所満載です。


庭のモデルルームのような感じでした。

入り口はまず「和」から
ツリーハウス出現

この斑入りのカンナが印象的でした。

何気なく植えてあるカバープランツなども参考になります。土が見えているところが殆どないけれど、植物が生き生きとしています。

ゲストハウス(結婚式場)としても使われています

この日もウェディングドレスを来た花嫁さんが歩いていました。写真映えスポットがたくさんあるので、いい思い出写真が撮れそうですね。

壁面プランターの花畑

よく街中で壁面緑化に緑が使われているのはよく見かけるけど、花がたくさん植えてあるのはあまり見たことがない。手入れが大変そうです。。

コテージガーデン

一番惹かれたのがコテージガーデン。何気ない花々が一見無造作に植えられているように見えるのだけど、アプローチ、建物と調和していて、自分がこんなこと言うのもおかしいけど、背の高い花の陰に妖精が隠れてそうな雰囲気。なんだか圧倒されました。

まだまだほんの一部ですが。

長くなりそうなのでこの辺で。

季節によって全然違うみたいなので、また春に来てみたいです。なかなか簡単に来れるところではないけれど。春はチューリップが綺麗だそうです。

青梅の畑、八王子の畑、お店の回りと、お世話するところがたくさんありすぎて、どれも中途半端な感じになっちゃっています。まずは自宅の庭にの整備に力を注ごうと思っていたので、少しでも参考にしてみたいと思います。

帰ってから早速花壇作りに着手しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です