初めての鉄キャン

今回帰省でき親の顔を見て少し気持ちが落ち着きました。両親の様子を見てなるべく時間を作って帰る機会を作らないとと思いました。

帰りはJRのフリーパスで途中下車しながら2泊3日で帰京です。

10月ならなんとかテント泊が出来そうなので、寝袋、テント、クッカー、バーナーをリュックに入れてきました。

電車でキャンプ?

ソロキャンプでもあまりやる人はいないかも知れませんね。

ちょうど青梅~奥多摩の東京アドベンチャーラインのインスタグラムで「鉄キャン」(移動手段に鉄道を使ったキャンプ)をキャンペーン的に告知していました。

青梅から奥多摩にかけては沿線近くにキャンプ場が多いので、ふらっと立ち寄るにはいい環境だと思います。

ただ今回、東京までの帰宅ルートで調べてみると「JR沿線」近くにあるキャンプ場というとなかなか数が限られてくるのです。

今回泊まった関西本線の笠置キャンプ場は笠置駅ホームからすぐ見える場所にあり、歩いて数分です。


笠置駅はJR西日本側の関西本線の駅で、京都府の南側、三重県寄りにあります。

渓谷沿いを電車が走り、秘境っぽい雰囲気です。

ソロキャンプの人が大半ですが、やはり車やバイクを使う人が殆どのようです。

空気がとても冷たく、吐く息も白くて、
空気が澄んでいるからか満月が輝いていてとても綺麗でした。

温度が1桁まで下がり一番冷え込んだ夜だったので、トイレに行く回数が多くてなかなか熟睡はできませんでしたが、なんとかしのげました。

もう少し防寒への備えが必要だったようです。鉄キャンの場合は軽くするために荷物をどこまで減らすか、バランスが難しいところです。

夏なら荷物が少なくすみ良いですね。

晩ごはん、いかに手をかけずに温かいものを食べられるかですが、
乗り換え待ちで奈良駅のスーパーに、いいのがありました。

「一人ちゃんこ」。

茹でうどんを一袋買いたしおいたので、ちょうどいい量でした。

基本的に連休がないから、なかなか出来ないのですが、鉄キャン、ちょっとクセになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です